So-net無料ブログ作成

農民体操 [雑学]

むかし、私が小さい頃住んでいた田舎には、農協の有線電話がありました。
通話は無料で、地域内での連絡に便利なので、小学校の前に置かれていた電話機から家に迎えを頼んだりしていました。もっとも、食堂にいたずら電話をして、「ラーメン1丁」などどいってワン切りしたりといった、悪いこともしたことがありましたが。

電話機能だけではなく、放送機能も持っていました。
そこで、いろいろなお話が流れてきたり、「農民体操」が流れてきたりしていたものです。
農民体操は、実に田舎っぽい雰囲気の曲で、今でも記憶に残っています。
https://www.youtube.com/watch?v=kdLy0auWthw

懐かしいです。
ちなみに、この農民体操は、長野県の佐久地方で、地域農民の農夫症問題のために作られたもののようです。
http://www.sakuhp.or.jp/yachiho/sidouin_back/sidouin098/sidouin14.htm
nice!(0)  コメント(0) 

境界の謎 [雑学]

市町村や都道府県の境界を見ると、変な形になっていたり、飛び地があったり、あるいは境界自体が定まっていない場合があります。
このテーマは、地理マニアの雑学の域を出ないことがほとんどでしょうが、行政機関の中で働いていると、まれに実務上の問題にぶち当たることもあります。

ちなみに、地方自治法では、「普通地方公共団体の区域は、従来の区域による。」という、実にあっさりとした定義を置いています。ごく大雑把に言えば、明治期に近代的な市町村制が成立した際、従来の区域をベースにして区域を定め、その後の合併(廃置分合)や境界変更を経て現在に至る、といったところでしょう。つまり、境界は歴史的連続性をもって形成されているもので、その事情は、時代によって、また、地域によって様々でしょう。

さて、今まで見た中で一番びっくりした境界は、京都府木津川市(旧加茂町)の中にある相楽郡笠置町の飛び地でした。何がどうなると、こんな飛び地が生まれるのでしょうか?
http://www.mapion.co.jp/m2/34.75810718380301,135.9089725,15
nice!(0)  コメント(0)